2019.03.26

声の色気が凄い!今注目のシンガーソングライター・iriに迫る

唯一無二の色気を帯びた声と、ヒップホップとR&Bを行き来する歌、そして誰にも媚びずに自分の感性を貫く佇まいが、人々の耳と心を惹きつけているシンガーソングライター・iri。3月6日には、新作『Shade』をリリースした。“自分らしさ”を大切にする彼女の素顔に迫る。

自分にしかない感覚こそ自信を持ったほうがいいなと思う

ニューアルバム『Shade』では、今まで以上に自分の実体験に基づいてリリックを綴っていったという。

「もともと、アーティスト自身の日常が見える曲が好きで。今作では、友達と一緒にいる風景だったり、色々な日常をよりリアルに切り取って表現することを意識しました。この作品が、どんな人に、何年先に聴かれるかわからない。音楽は残っていくものだからこそ、そのときの自分が感じたことをストレートに、自分らしく表現していきたいと思ったんです」


“​自分らしく”は、iriの美しさの理由のひとつだ。彼女は、誰かが決めた“​かっこいい”や“​幸せ”には流されず、自分のスタイルを貫いて自己表現する。

「小学生の頃はみんながかわいいと言うものを身につけて、それがいいと思っていたんですけどね。でも、自分が合わせにいってることに違和感を覚え始めて。“これって、本当に自分に似合ってる?”みたいな。改めて自分が好きなものを考え直してみたら、それはみんなが好きなものではなかった。

そこからは自分が本当にいいと思うものを選ぶようになりました。自分にしかない感覚にこそ自信を持ったほうがいいなとも思いますしね」


〈本当の幸せの chooser/狂わせんなよ gotta future〉という、強い意志がこもったラインも光るリード曲「Shade」は、プロデューサーに大沢伸一を迎えて仕上げられた。

「今までのiriとは違うアプローチで、みんなをハッとさせたい、インパクトを与えたいと思って大沢さんにご相談しました。最初はもっと音が激しめのダンストラックをイメージしていたんですけど、大沢さんから“あえて音数を減らしたらどうかな?”というアイデアがあって、ピアノとリズム以外はほとんど入っていないトラックを作っていただきました。

トラックを初めて聴いたときに、世の中の人たちの嘆き……不満とか、将来や現状に対してどうしたらいいかわからない気持ちや不安が浮かんできて、そこから一気に歌詞を書き上げていったんです」


本作をリリースした翌週に、iriは25歳の誕生日を迎えた。彼女が憧れる大人の女性像とは?

「自由な考えを持っている人は、すごくかっこいいし素敵だなと思う。芯があって、強い意志を持っていながら、優しさで柔らかく包み込めるような女性に憧れますね」

シャツアウター¥42000/ミッドウエスト(DISCOVERED) Tシャツ¥8000/KaneZ ピアス¥1890/バロックジャパンリミテッド(LAGUNA GEM)

■ PROFILE
iri​
神奈川県逗子市在住。自宅にあった母のアコースティックギターを独学で学び、アルバイト先の老舗JAZZ BARで弾き語りのライブ活動を始め、2016年10月にアルバム『Groove it』でデビュー。HIP HOP的なリリックとソウルフルでリヴァービーな歌声で、ジャンルレスな音楽を展開。ドノヴァン・フランケンレイターやコリーヌ・ベイリーレイのオープニングアクトを務め、ChloéやVALENTINOのパーティーにてパフォーマンスを披露するなど、多方面から注目されている。
■ INFORMATION
『Shade』
『PUNK』
国際ファッション専門職大学のTVCM曲「Only One」や、ソニーWALKMANとのコラボ曲「Wonderland」など、計11曲を収録。大沢伸一、tofubeats、STUTS、SANABAGUN.などが参加している。3月6日発売。

他アーティストもCHECK!

撮影/小林真梨子 スタイリスト/入江陽子(TRON) ヘア&メイク/クジメグミ(LUCK HAIR)  取材・文/矢島由佳子

おすすめのファッション記事

おすすめのビューティ記事

ViViの人気占い
▼ ▼ ▼
 

読みたいテーマのタグをタップ!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE